読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貴金属押し買いあったかいんだから

貴金属押し買いあったかいんだから

|あったかいんだから

ちなみに、私は知らなかったよ(涙)


息子の言い分を聞くべきだったのか? 日々の小さな事なんですが
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14160165939
息子の言い分を聞くべきだったのか? 日々の小さな事なんですが、よくわからなくなることがあるんです。 七歳の息子です。自分がこう!と思ったら曲げない、主張が強いというよりワガママに 感じてしまっています。 例えば、今朝もひともめあったので聞いてください。この辺りは制服登校の小学校です。朝起きて真っ先に着替えるのが息子の身支度の流れのようです。ズボンもワイシャツも着て、さて朝食というところです。 今日は寒いから、久々にブレザーも着ていくと息子は言ってました。そうだねーでも、朝食時には汚れる可能性があるから、食べ終わってからにしてね、ブレザーは汚れたらクリーニングに出さなきゃいけないから困るのよーと私から伝えました。そしたら、だって今もう寒いよ、今着ときたいと言うので、そこにフリースが掛けてあるから、それ
着といてよーあったかいよーと言いました。ブレザーは家で洗濯できないのよ、クリーニングに出さなきゃいけないから、お母さん、困る…とフリースを着て欲しい事情を伝えました。 そしたら、どうしてもブレザーが着たい。フリースなんか嫌だ。行く前に結局脱がなきゃいけないから面倒くさい。絶対にこぼさないから。 と言い、ブレザーを着て食べ始めようとしました。 だから汚れたら困るからやめてよ なんでたよ!絶対にこぼさない! 絶対なんてない、お母さんはクリーニングに… というやりとりが続き、息子がなんでたよーと泣き出しました。それでもまだブレザーを着たまま食べようとするので、だからそんなまま食べないでよ、と食事を息子の前からどけました。 どうしてお母さんのお願いを聞いてくれないの?そんなことして汚されたら困るって話してるじゃない、そこまで聞いてくれないなら、もう朝ごはん食べてもらわなくて結構。朝一回くらい食べなくても死にはしないから。こんなに困る理由も話しても聞き入れてくれてくれないなんて…。 と息子に言いました。 そこで横で黙って聞いていた\xC9
廚❶△ĺ譴気鵑詫鑲海❹△辰謄屮譽供爾茲螢侫蝓璽垢辰童世辰討襪世蹐Αť┐い泙淇¤戮蹐辰討い辰討詭擷犬磴覆い里法▲屮譽供爾鮹紊燭い里呂Ń阿里錣❹泙泙澄ĽŃ阿ⅵ↗屮譽供爾鮹Δい妊侫蝓璽垢鮹紊觴蟯屬茲蝓△修譴鬚錣兇錣競唫蝓璽縫鵐阿暴个靴砲い唎ĺ譴気鵑諒鈇⓲診椶蘯蟯屬覆鵑澄◀世ǂ薀侫蝓璽垢砲靴討唎譴藩蠅鵑任襪里法△Ń阿呂修里ť蠅い❹覆鵑琶垢韻覆い鵑澄¹嫦呂呂辰銅\xAB分のワガママばっかり通すのもいい加減にしろ!! と、結構強めに叱りました。結局泣きながら、ブレザーは脱いで、カッターシャツのまま、そして寒いくせにフリースを着ずに食べていました。なんとしてもフリースは着ない、息子なりの抵抗、反抗でしょうか。 こういう出来事は、実はしょっちゅうあるのです。こちらが理由を話してやめてほしい、やらないでほしいとお願いしても、その結果こちらが困ることになったとしても俺は俺は…と自分が正しいと主張してきます。ダメな結果に終わっても、だって仕方ないじゃん。です。 そして逆に私の言い分を聞き入れてくれたところで、なにか少しでも不備があれば、それみたことかと言うような口ぶりで責めてきます。