読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貴金属押し買いあったかいんだから

貴金属押し買いあったかいんだから

|あったかいんだから

あったかいんだからについて、動画で探してみたよ。


バイク乗りは冬でも乗る。軟弱なヤツは四輪に乗れ。 などいきま
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13165501393
バイク乗りは冬でも乗る。軟弱なヤツは四輪に乗れ。 などいきまいて強がりを言いますね。 でも現実は「とてもあったかい○○」とか、 熱線入りグリップなど、「おんな子供向けみたいななまっちょろいアイテム」を 多用してるんですよね。 いえね、「オープンカーなんて軟弱漢が乗るもの。おとこは 冬でも夏でもバイクに乗るもんだ」と聞いたものですから。
[スポーツ、アウトドア、車|バイク]
さすが!ベストアンサー↓
人は、“平凡” が怖いんです。 自分が、“普通”とか、“取るに足らない存在”と、 見なされるコトが、とっても怖くて、 何かしら理由をつけて、 「自分は特別!」、「他とは違う!」と 思いたいんです。 これは、 自分が抱え
ている劣等感の裏返しです。 バイクに乗るのも、 他とは違う自分を証明(演出)する手段ですし、 知恵袋に、辛辣な吊り質問を上げるのも、 自分の特異性を示したい衝動に起因します。 「自分は特別」だと思いたい人は、 自分が特別である理由を、 どんどんエスカレートさせて行きます。 バイクに乗るコトが、“特別である理由”の場合、 バイク以外の乗り物を利用するコトを禁じてみたり、 天候や気温を理由に、バイクに乗らないコトを、 信条を貫けない、弱さだと断罪してみたりします。 こういう発想を、“原理主義化”と言います。 テロリスト集団、イスラム国や、 オウム真理教(現アレフ)なども同じです。 自分たちが特別である証明として、 常識から逸脱した行為を、 「俺たちだけの美徳」と、勝手に信じ込んで、 合理性や道徳性、時には法律すらも無視して、 自分たちだけのルールを押し通します。 「寒さに耐えてバイクに乗る」という主張も、 特別な自分をアピールする為の、原理主義で 単なる、コンプ\xA5
譽奪唫垢慮修譴任后\xA3 コンプレックスが生み出した世迷い言なので、 一生懸命、否定しなくてもいいんです。 軽く受け流して、 「はいはい、そうなの?、偉いね〜」と 誉めてあげれば、それで済むコトです。



ということであったかいんだからの関連動画をチェック





こ、これは!